2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

異人館巡り 「うろこの家」外観

今日は異人館屈指の人気館「うろこの家」を紹介します♪

「うろこの家」は異人館の中でも一番高い位置にあるので歩いて向かうのは
若干しんどいところがありますが、それだけの価値があると思います。
「風見鶏の館」同様、異人館でも人気の場所だというのも納得です♪

最初に公開された異人館で、国指定登録文化財。外国人向けの高級借家として建てられた。 建物の外壁と多い天然石のスレートが魚のうろこに似ているところから“うろこの家”の愛称が生まれ、親しまれている。
館内のインテリアも昔のまま。アンティークな家具や置物の逸品のほか、欧州の王室が愛用していた豪華な陶磁器などが燦然と輝いている。
(公式より)

入り口♪
ここで「うろこの家」+「山手八番館」「北野外国人倶楽部」「旧中国領事館」のうち
1つ入館できるお得なチケットを1300円にて購入しました。

myabi 2931


中庭とお土産屋さん♪

myabi 2937


庭の中央にいるイノシシと、それを触るファンタさん♪
鼻を触ると何かいい事があったと思うんですが・・・何だったっけ??

myabi 2935


レトロな電話
中にも入れますよ♪

myabi 2936


ちょっとセクシーな銅像も(!)

myabi 2941


とても綺麗な外観♪
「うろこの家」は名前のとおり魚のうろこが張り付いているように見えるからその名がついたようです。

myabi 2939


myabi 2945


「うろこの家」
http://www.ijinkan.net/ijinkan/urokono-ie.html
■住所   神戸市中央区北野町2-20-4
■電話   078-242-6530
■時間   (冬期) 9:00~17:00 
  (夏期) 9:00~18:00
■お休み  年中無休
■入館料  1000円

今日もご訪問ありがとうございました(^-^*)

ランキングに参加しています、よろしければご協力お願いしますm(_ _)m
 ↓   ↓
地域情報(近畿)人気ブログランキング
にほんブログ村 神戸情報ランキング

スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●

おっと、ファンタさん出演だっ!!
出演料頂かないと・笑(;;;゜∀゜)
多分、イノシシの鼻を触ると、幸せになるとか
そんなアバウトな感じだったと思うよ…
私も、よく覚えてないや。

セクシーな銅像の写真とかは、特に要らんと
思うけど(;;;´∀`)
これが、貴重な30枚のうちの1枚かぁ~(笑

>ファンタさん♪
ファンタさんはもう1回は出演予定ですので
出演料は次回会うときにでも支払わせていただきます。
アメちゃんとキューピーでww

イノシシ触ると幸せになるんやったっけ
こうやって少しずつ書くと忘れてしまう所も出てくるね・・・

写真は途中から結局禁断の一番下の画質まで落としていたので
全部で60枚ぐらいは撮影し何とかセクシー写真も残せました
「山手八番館」は撮影の宝庫やったしね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kobelove0130.blog51.fc2.com/tb.php/10-b3accc18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

異人館巡り 「うろこの家」内部&「うろこ美術館」 «  | BLOG TOP |  » 異人館巡り 「うろこの家」までの寄り道

最近の記事

プロフィール

おとがみ(おとP)

Author:おとがみ(おとP)
神戸の風景写真や
コーベアー、ケロロ軍曹の人形を用いた写真等を利用し思うがままに書いています。
カメラは主にCANONのpowershotと7Dを使用。
現在コメント欄は閉じていますが
何かありましたら
サイドバーのメールフォームより
ご連絡くださいm(_ _)m
twitterはサイドバーに表示
mixiはこちらからどうぞ♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

いつもありがとうございます

つぶやいています♪

CalendArchive

カテゴリー

ブログ内検索

お気に入りサイト♪

このブログをリンクに追加する

お友達♪

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

バナー付リンク

feelkobe_s.gif sanda.jpg arima.jpg kobekentei.gif lumi-banner1.gif minatopics.png maruppo-b-1.gif vissel-kobe.gif gamba.jpg

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。