2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中山手通にある癒し TRITON CAFE(トリトンカフェ)

今日紹介するのは中山手通にあるTRITON CAFE(トリトンカフェ)

異人館に向かう途中、ついつい目に入ってしまうこのお店
お店に入ると、向かって左がカフェスペース、右が雑貨スペースになっています。
雑貨は輸入雑貨が多く、主にヨーロッパの雑貨が多いのかな。
お茶するのではなく、雑貨目当てに訪れる方も多いようです。

■入り口のかわいい看板♪

myabi+7468_convert_20090902012639.jpg

■階段を上がって2Fがお店

myabi+7469_convert_20090902012713.jpg

ナチュラルな木で出来た家具と白いプレーンな壁
そしてカフェスペースは、大きな窓で日差しがいっぱい射し込む開放感
以前紹介した「アンセム」や「MADOMADO」などと、お店のタイプ的には似てるかな。
この組み合わせ、僕の中では「お気に入り」の重要ポイントなのかもしれません。
特に木のぬくもりって大事!!

myabi+7461_convert_20090902012424.jpg

■注文した「タイカレー」も甘めでおいしかったし、サンドイッチもウマウマでした。

myabi+7464_convert_20090902012506.jpg

■食後にはケーキもいいですね♪

myabi+7465_convert_20090902012601.jpg

こうやって、カフェの事を色々と記事にしていく中でなんとなく分かってきたけれど
僕の中のカフェの大事なポイントって「和み」系なのかもしれません。
TRITON CAFE(トリトンカフェ)はカフェのお手本のようなお店。
(あえていうなら「禁煙」スペースを作って欲しいかなという点ぐらい・・・)
「将来カフェをオープンしたい」という方にはすごく参考になると思います。

TRITON CAFE(トリトンカフェ)
http://www.triton-cafe.jp/


■住所   神戸市中央区中山手通1-23-16 2F
■電話    078-251-1886
■時間    12:00-20:00
■休み   水曜日

ランキングに参加しています、よろしければご協力お願いしますm(_ _)m
 ↓   ↓
地域情報(近畿)人気ブログランキング
にほんブログ村 神戸情報ランキング

スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●

神戸にはオシャレなカフェがいっぱいありそうですね
こちらにはコメダくらいしかないので・・
ゆっくりリラックスできるカフェが自宅の近くにある生活が憧れだなぁ~

>たかさん♪
神戸はカフェの多さでは全国有数みたいですが
カフェ文化が根付きだしたのはきっと震災の後ぐらいからだと思います。
せっかく近くにいいカフェがたくさんあるので
なるべく色々行きたいなとは思っています♪

hello! http://www.istu.edu/jforum/user/profile/704.page 芻琲鉤髓矗 粳? 驟襃


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kobelove0130.blog51.fc2.com/tb.php/83-053db00a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ヴィッセル神戸 モーヴィー君 マリンピア神戸にて。 «  | BLOG TOP |  » にゃんこin横浜

最近の記事

プロフィール

おとがみ(おとP)

Author:おとがみ(おとP)
神戸の風景写真や
コーベアー、ケロロ軍曹の人形を用いた写真等を利用し思うがままに書いています。
カメラは主にCANONのpowershotと7Dを使用。
現在コメント欄は閉じていますが
何かありましたら
サイドバーのメールフォームより
ご連絡くださいm(_ _)m
twitterはサイドバーに表示
mixiはこちらからどうぞ♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

いつもありがとうございます

つぶやいています♪

CalendArchive

カテゴリー

ブログ内検索

お気に入りサイト♪

このブログをリンクに追加する

お友達♪

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

バナー付リンク

feelkobe_s.gif sanda.jpg arima.jpg kobekentei.gif lumi-banner1.gif minatopics.png maruppo-b-1.gif vissel-kobe.gif gamba.jpg

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。